掛商売と節税

今まで何気に掛商売の話をしてきたが、掛商売とはどんなものなのか改めて説明すると、商品を売ったのに支払が行われていないお金のことを売掛金といい、その反対で、商品を買ったのに支払っていないお金のことを買掛金という。
会社と会社の間で掛商売ような取引ができるのは、決められた期日にお金を支払を行うといったように、その会社に信用や信頼されているからこそ取引が多く行われることとなる。
しかし、売掛金にはもっとも注意が必要で、お金が回収できない場合は、税金の面や掛商売を行う上で悪影響を及ぼすことになりかねません。
せっかく節税対策をこころがけていたにも関わらず、掛商売の売掛金が回収できないばかりでなく、売掛金は課税の対象となっているので税金負担分が含まれているため、売掛金がつもりにつもった場合は自分がその税金を負担することになり、せっかくの節税も無意味なものになってしまいます。

Comments are closed.