税務調査よりはマシだけど・・・

掛商売の税務調査について調べてきたというか話してきたのですが・・・・
もう2月中旬に入ろうとしている今日。
いよいよ、掛商売には苦痛の確定申告の時期となってきたわけです。

掛商売がなぜ確定申告が苦痛かというと、それは帳簿などの記載もそうですが商品は販売したものの売上となる現金がまだ入ってきていない・・・
そう。
売掛金状態になったままのものが多いから。
毎年のようにどのように確定申告の申告書を記入したらいいものかと悩んでしまう。
会社専属の顧問税理士にまかせればいいのだが、すべてを任せるというわけにもいかず・・・

本当にこの2月3月が苦痛で仕方がない。
しかし、あえていえば税務調査よりはまだマシな方かもしれない・・・。
何とも優柔不断な会社のトップではある。

トップがこれでは会社の社員も気が気ではないと思う・・・
そろそろ年も年だから、会社を引退するしかないのだろうか・・?!
しかし、息子もまだ半人前。
後、5年くらいは頑張って税務調査を乗り越え、なんとか掛商売でなりたってきたこの会社を盛り立てていかなければいけない。
最近では、大手の自動車会社(海外)が破たんした影響で、日本も自動車産業で多くのリストラが行われたり、自動車産業に関係のある会社までもが、派遣社員の契約更新を打ち切ったり、リストラに踏み切るしまつ・・・。

この先の日本の経済はどうなっていくものだろうか・・・?!
わが社のような中小企業のしかも掛商売で成り立っている会社が、ちゃんと続くのだろうか・・・!?

Comments are closed.