税務調査の反面調査

税務調査の反面調査というものがあります、税務調査のせいで、取引先との信用が落ちるなんてことはあってはいけないことだと思います。信用というのは営業上大切な財産ですし、取引先には迷惑をかけれないですよね。
掛商売ではなおさらのことだと思います。

反面調査というのは税務調査の一貫として、調査対象事業者の取引先に確認調査を行う税務調査の一つです。これによって取引先との関係が悪化することも珍しくないようです。
この調査が行われるのは調査対象事業者の帳簿などで十分な結果を得られない場合に限り行われ、備えるべき帳簿がないと、帳簿の内容が不明瞭であったり、不正確な場合になります。
掛商売の場合掛で商売しているのでなおさらですよね。

この調査は税務署から事前に行う旨を通知し、日程調整を行いますが、事前通知が有効な調査の妨げとなる場合には事前通知なしに調査に入る場合があります。有効な調査の妨げとなるのは、たとえば掛商売をしている会社に事前通知を受けて帳簿書類を隠したり改善するようなことです。
もし無予告な調査を急に来られては困るといった理由でけでは拒むことはできないといってもよいでしょう。

これで注意したいのは、税務署員は調査を始める前に、税務署員であることを告げ、身分証を提示することになっています。
事前通知もなく税務署員と名乗る人たちが現れた場合、このことを確かめましょう。
ニセの税務署員なんてのも最近じゃいるみたいです。

Comments are closed.