顧問税理士さん

掛商売をしていて普段からの会計や税務調査対策に顧問税理士さんにお願いするのがやはり一番ですね。

確定申告をする際も顧問税理士さんに頼めば、税理士さんを通して確定申告になるので税務署からの税務調査がある場合も顧問税理士さんを通して連絡が来るようになります。
まだ顧問税理士さんがいなく、会計処理や確定申告の際に税理士さんにお願いしたいのだけど、どうやって税理士さんを探せばよいいか、どういった税理士さんがよいのかわからないこともたくさんあると思います。

あと実際税理士さんとは何をしてくれる人なのかわからない場合もありますよね。
税理士さんのお仕事は色々あって特にこれといった決まりはありません。ですが税金の計算などは税理士さんしかできなく、税理士資格のない人が他人の申告書を作成する仕事をしている場合は税理士法違反になってしまいます。
主な仕事は、記帳代行と呼ばれるものです、。会社の経理業務の代行なのですが、領収書の発行や請求の支払までしてくれる人もいるのですが基本的に帳簿付けを代行してくれます。

そして税金の申告。税金の申告の代理は税理士さんしかできません。税金の知識のない人には税金の申告は難しく時間がかかるものですので、このときに限って税理士さんにお願いしているところもおおいのではないでしょうか。

そして税務調査の立会や税務署との折衝。
税務調査を受けて不足分の税金を納めることもあると思いますが、税務署のいわれるがままに税金を納めると納め過ぎる場合もあります。
こういった事態に対処できるのが税理士さんなのです。たいていの会社は税理士さんに立ち会ってもらているようです。

そして会社の状況を把握してどうしたら良いかアドバイスをもらうことが出来ます。

ただ、やはり会社のことをよく知っていてくれる税理士さんがいると、税務調査の場合でもしっかりした対応をしてくれます。
もし余裕があれば掛商売をする場合には顧問税理士さんをお願いするのが一番ではないでしょうか。

Comments are closed.