領収書?

今日は商売の基本について説明します。
そんなの基本じゃないかと思われるかもしれませんが、意外と知らないこともあるのですよね。
ということで今日は領収書のこと。税務調査でも大事なものの一つですよね。

まず領収書というのは、簡単に言うと金銭のやり取りをおこなったことの証明書といったようなものでしょうか。
税務調査でも実際に商売としてお金のやりとりがあったのかの証明にもなります。
確定申告をする際も、この領収書がどれだけの費用や経費として商売を行ったかを証明するのに必要になる大切なものですね。

ですが、少し問題になるのがこの領収書というのは商売のやりとりを行った際必ず発行しなければならないということはないのです。
たとえば買い物をしたとき、レシートをもらわないこともありますよね。
ですが別にもらわなかったといっても、特に罰則などありません。
ただ、買ったほうから領収書が欲しいと言われた場合は、ちゃんと発行しないといけないことになります。
税務調査や確定申告のために必要になりますしね。

そして商売で3万円以上の取引を行った場合の領収書には印紙が必要になります。他の商売でも細かい金額などは今日は省いておきますが、これは手数料や租税などの収納金を徴収するための証明書となります。

商売を行っているときは領収書はしっかりもらっておかないとですね。
あとから税務調査などに入られ、領収書がなかったために本当にそういった商売やり取りがあったのかわからずに追徴金を払うことに・・なんてことのないようにしましょう。税務調査の徹底対策のためにも、領収書をなくした・・なんてことのないようにしたいですね。

Comments are closed.