掛商売の注意点

掛商売というのは、請求締め切り日から期末までの売上や仕入れが正しく記入されていることが必要なのですが、買い掛け金で長期の未回収がないかといったなどの税務調査の対策をしておかなければなりません。
掛商売では架空の仕入れや架空の繰上計上がないかなどをしっかりと調査されます。

税務調査は不正を見つけることが目的なので、こういった掛商売の場合一番不正しやすい点を調査してきます。
掛商売での帳簿や保管している証憑などを徹底的に検討されます。
掛商売の場合仕入勘定の部分は税務調査が入った場合どうなるか気にるとおもいますが、まずは掛商売での取引の流れから帳簿を把握していきます。
どういった発注を行い、どこの段階で帳簿をつけるか、そして証憑が保管されているかなどの流れを見て架空の仕入れなどがないかみるそうです。

掛商売では仕入勘定が不安に思うかもしれませんが、事前にものの流れから今行っている決済状況などを確認しておくことで対応することもできます。

掛焦眉あは脱税しやすいと言われています。
伝票を破棄したりといった感じで、ごまかしやすいと言われているからです。
ですが、税務調査を行っているのは調査のプロです。
様々な方法で掛商売の不正を発見しているので、隠そうとしてもばれてしまいます。
ただ伝票だけでなく、いろいろな角度から調査しているので掛商売といっても、不正はばれてしまうのでキチンと納税するようにしましょう。

Comments are closed.