税務調査と飲食店

掛け商売は脱税をしやすい商売だといわれています。
飲食店を掛商売で行っているところに税務調査が入ったようですが、掛商売ですと売上の計上もれがないか隈なくチェックされるみたいでした。
ただ、掛商売の売上計上漏れというのは、やはり税務署でも難しい作業になるようですね、

そういったときしっかりと調べる部分がマカナイの部分だそうですよ。
マカナイというのは自家消費となってしまうので、掛商売の場合適当にすましてしまうところが多いのだとか。
そういったところに税務調査が入ると、しっかりとした掛商売の計上が行っていばい場合があり追徴金となってしまうんだそうですね。

幸い今回掛商売を行っている飲食店は以前といってもだいぶ前なんだそうですが、税務調査でこのことを指摘されたようで、それからちゃんとマカナイの部分も真面目に計上していたので特に何の私指摘もなく済んだそうです。

掛商売でこういった飲食店になると、どうしても時価消費の部分を忘れがちになってしまいます。
まかないの部分も何かしらの処理をしないと、経費で計上している場合は計算が合わなくなってしまいます。

掛商売だとこういった見過ごしがちになる部分もしっかりと税務調査では調べられることになってしまいますので、日頃から掛商売といえどもちゃんとしておきたいですね。

Comments are closed.