8月 5
税務調査と飲食店
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 節税と掛商売 | icon4 08 5th, 2010| icon3Comments Off

掛け商売は脱税をしやすい商売だといわれています。
飲食店を掛商売で行っているところに税務調査が入ったようですが、掛商売ですと売上の計上もれがないか隈なくチェックされるみたいでした。
ただ、掛商売の売上計上漏れというのは、やはり税務署でも難しい作業になるようですね、

そういったときしっかりと調べる部分がマカナイの部分だそうですよ。
マカナイというのは自家消費となってしまうので、掛商売の場合適当にすましてしまうところが多いのだとか。
そういったところに税務調査が入ると、しっかりとした掛商売の計上が行っていばい場合があり追徴金となってしまうんだそうですね。

幸い今回掛商売を行っている飲食店は以前といってもだいぶ前なんだそうですが、税務調査でこのことを指摘されたようで、それからちゃんとマカナイの部分も真面目に計上していたので特に何の私指摘もなく済んだそうです。

掛商売でこういった飲食店になると、どうしても時価消費の部分を忘れがちになってしまいます。
まかないの部分も何かしらの処理をしないと、経費で計上している場合は計算が合わなくなってしまいます。

掛商売だとこういった見過ごしがちになる部分もしっかりと税務調査では調べられることになってしまいますので、日頃から掛商売といえどもちゃんとしておきたいですね。

6月 1
領収書?
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 節税と掛商売 | icon4 06 1st, 2010| icon3Comments Off

今日は商売の基本について説明します。
そんなの基本じゃないかと思われるかもしれませんが、意外と知らないこともあるのですよね。
ということで今日は領収書のこと。税務調査でも大事なものの一つですよね。

まず領収書というのは、簡単に言うと金銭のやり取りをおこなったことの証明書といったようなものでしょうか。
税務調査でも実際に商売としてお金のやりとりがあったのかの証明にもなります。
確定申告をする際も、この領収書がどれだけの費用や経費として商売を行ったかを証明するのに必要になる大切なものですね。

ですが、少し問題になるのがこの領収書というのは商売のやりとりを行った際必ず発行しなければならないということはないのです。
たとえば買い物をしたとき、レシートをもらわないこともありますよね。
ですが別にもらわなかったといっても、特に罰則などありません。
ただ、買ったほうから領収書が欲しいと言われた場合は、ちゃんと発行しないといけないことになります。
税務調査や確定申告のために必要になりますしね。

そして商売で3万円以上の取引を行った場合の領収書には印紙が必要になります。他の商売でも細かい金額などは今日は省いておきますが、これは手数料や租税などの収納金を徴収するための証明書となります。

商売を行っているときは領収書はしっかりもらっておかないとですね。
あとから税務調査などに入られ、領収書がなかったために本当にそういった商売やり取りがあったのかわからずに追徴金を払うことに・・なんてことのないようにしましょう。税務調査の徹底対策のためにも、領収書をなくした・・なんてことのないようにしたいですね。

2月 8

掛商売をやっている人が、日ごろ悩まされるのは在庫処理ではないでしょうか。
売り上げが伸びていくのと比例して、在庫というのは増える傾向にありますよね。掛商売を始めたばかりの人などは、「商品を仕入れて支払を済ませたら、その仕入代金は全部費用として税務処理できるんでしょ?」と思っている人が多いようですが、実際に当期の費用にできるのは、売れたものだけ。
税務調査で指摘されてびっくりします。つまり、売れ残ってる在庫があると、その分は費用にならないので、利益が増えることになります。掛商売の辛いところでもありますね。

やはりこのような企業にとっては、在庫管理は非常に重要です。もちろん、税務調査対策と言う意味でも大切ですし、在庫量を把握する癖をつけておかないと、ついつい売れ残りの在庫管理をおろそかにしてしまいがち。正確な利益を把握するためにも、在庫管理はとても大切です。

また、掛商売でなくとも、在庫の管理だけでなく処分するという考え方が必要です。税務調査でもチェックされますが、期末に在庫を多く抱えていると利益が増えてしまい、多く税金を請求されることになります。この不景気の中、掛商売ゆえ、在庫をかかえ、仕入代金は支払ってしまい、行き過ぎてしまえば黒字倒産・・・なんてことにもなりかねません。
そんなことになるくらいなら、在庫に税金をかけられないように、損切りしてでもお金に換える、セール、大処分という方法もありますね。掛商売でなくても、在庫は税金に影響してきますから、税務調査時に指摘されたりしないよう、早めに対策を打つのがベストです!

9月 9
掛商売と節税
icon1 税務調査・掛・税務 | icon2 節税と掛商売 | icon4 09 9th, 2008| icon3Comments Off

今まで何気に掛商売の話をしてきたが、掛商売とはどんなものなのか改めて説明すると、商品を売ったのに支払が行われていないお金のことを売掛金といい、その反対で、商品を買ったのに支払っていないお金のことを買掛金という。
会社と会社の間で掛商売ような取引ができるのは、決められた期日にお金を支払を行うといったように、その会社に信用や信頼されているからこそ取引が多く行われることとなる。
しかし、売掛金にはもっとも注意が必要で、お金が回収できない場合は、税金の面や掛商売を行う上で悪影響を及ぼすことになりかねません。
せっかく節税対策をこころがけていたにも関わらず、掛商売の売掛金が回収できないばかりでなく、売掛金は課税の対象となっているので税金負担分が含まれているため、売掛金がつもりにつもった場合は自分がその税金を負担することになり、せっかくの節税も無意味なものになってしまいます。